ヒロ動物病院|金沢市|がん・腫瘍・CT・外科手術

石川県金沢市のヒロ動物病院です。狂犬病予防接種、フィラリア予防、混合ワクチンやノミ・マダニ等の各種予防医療から腫瘍疾患や外科疾患まで診察させていただきます。大切な家族について何でもお気軽にご相談ください
 076-222-5608
お問い合わせ

お知らせ

2024 / 02 / 21  18:34

犬の膿皮症

 

今回は犬の皮膚病の中でも特によく見られる

「膿皮症(のうひしょう)」という病気についてご紹介します。

 

 

―膿皮症とは?その原因は?

犬の皮膚に常在する細菌(主にブドウ球菌)が表皮や毛穴に炎症を引き起こす皮膚病です。

詳しい病態については解明されていませんが、皮膚のバリア機能が低下することが原因と考えられています。

発症する犬の多くは、皮膚のバリア機能を低下させる何らかの素因や基礎疾患をもっていると考えられ、その原因が改善されない限り治療が困難となったり、再発してしまう可能性があります。

 

皮膚バリア機能が低下する原因

若齢犬、高齢犬ではその原因もそれぞれ異なります。

 

<若齢犬>

・アレルギー性皮膚炎

・遺伝的要因

 

<高齢犬>

・病気

・加齢

・環境の変化(ストレス、食事の変更など)

 

 

―膿皮症になるとどうなる?―

以下のような症状がよく見られます。

 

・皮膚が赤くなる

・ニキビのようなブツブツができる

・フケやカサブタができる

・脱毛が見られる

・痒がる

 

画像1.jpg

▲赤みを伴うカサブタが認められます。

 

 

 

―膿皮症の検査―

皮膚押捺検査により顕微鏡下で皮膚での細菌増殖を確認します。

症例によっては、膿皮症以外の皮膚疾患が併発していないかを確認するために他の検査も組み合わせます。

 

 画像2.jpg

▲ブドウ球菌と好中球(炎症細胞)が多数認められます。

 

 

―膿皮症の治療―

基本的には抗菌治療が重要です。抗菌治療は外用療法(クロルヘキシジンスプレー、マラセブシャンプーなど)か全身療法(内服薬)に分類されます。

基本的に菌が増殖している場所は手が届く場所なので、外用療法による治療が重要で、全身療法よりも効果が安定しやすいです。

それでも外用療法の実施が難しい、効果が乏しいといった場合には内服薬を使用します。

 

再発予防としては、皮膚のコンディションを保つためのスキンケアや、基礎疾患がある場合にはそのコントロールをしていくことが重要となります。

 

 

 

―症例紹介―

マルチーズ 男の子 

下腹部の膿皮症に対して治療を実施。

画像3.jpg画像4.jpg

▲治療前と治療後の写真

治療により皮膚の赤みや脱毛が改善し、毛並みの状態も良くなりました。

 

 

 

―最後にー

膿皮症は、飼い主様が日々観察してあげることで比較的気付きやすい病気です。

早期発見のためには日頃からの愛犬とのスキンシップ、再発予防としては日頃のお手入れやシャンプーも大切です。

しかし、シャンプーによる洗いすぎは皮膚の乾燥をまねき、かえって皮膚炎発症の原因になってしまうこともあります。適切なケアの仕方や、使用する外用剤の種類はそれぞれ異なります。

愛犬のスキンケアについて、興味をお持ちになった方は当院までお気軽にご相談ください。

 

画像5.jpg

 

2024 / 02 / 02  13:00

2月の休診日・院長不在日について

2月の休診日・院長不在日についてお知らせします。

  • 休診日:毎週木曜日、2月12日(月・祝)、2月23日(金・祝)
  • 院長不在日:2月11日(日)、2月25日(日)

 

ー予防専用診察時間についてー

  • 診察時間:水曜日(祝日を除く)15:00-16:00
  • 診察内容:予防薬処方、狂犬病ワクチン、混合ワクチン、フィラリア検査、健康診断に限ります。
  • 予約方法:電話での時間指定予約のみ

通常の診察時間でも予防関連の診察をしておりますが、その場合はLINEでの順番予約をお願い致します。

予防専用診察時間では待ち時間を少なくご案内できますのでぜひご利用ください。

上記の診察内容に合わせて、他の診察や相談事がある場合は、通常の診察時間内(9:00-12:00、16:00-18:30)でLINEにて順番予約をお願い致します。

ご不明点がある場合は、電話または受付にてお尋ねください。

1
2024.03.05 Tuesday